So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

MPMオプティマスの屋根を直す [カスタム小ネタ]

先日ご紹介した
マスターピースムービーのオプティマスプライムですが、
やっぱり屋根のパーツのつけ間違いが許せない!

ってことで、直してみました。

お約束の注意事項ですが、もしご参考になされる方、
あくまで自己責任でお願いします。




img000.jpg
まずはサイドのパネルを
バカッと開きましょう。




img001.jpg
そして、わかりますかね・・
ボンネットのパーツ、右側だけ上部に反っちゃってるんです。
やっぱり品質はちょっとアカンですねえ・・




img002.jpg
で、工具なんですが、
むかし石丸電気の何かの記念でもらった、精密ドライバーセット。
この中にピン抜きっぽい工具があったんですが、
径が合わず使えませんでした。




img003.jpg
そこで、Amazonで精密マイクロポンチなる工具をゲット。
これの1.4mm径のやつがジャストフィットしました。
さすがAmazon、なんでもあるぜ!




img004.jpg
ピンに当てて、こつこつたたきます。
抜く方向としては、ピンの径の細いほうから当てるようにします。
強くたたかず、コツコツコツコツと・・。

で、後から気が付いたんですが、
この写真では方向が逆ですw
もしご参考にされる場合、反対側から抜くようにしましょう。




img005.jpg
サイドのパネルがばらせたので、
こちらのピンも抜きます。
ちなみにこれは方向合ってました。
抜きづらい場合、板とか下に当てて上から叩くようにします。
パーツに傷をつけないよう、慎重に・・




img006.jpg
無事ばらせました。
こんな小さいパーツのせいで、
どれだけやきもきしたことか・・




img007.jpg
全部ばらしました。




img008.jpg
そして、左右のパーツを入れ替えて、仮組みです。
ピン打ち直した後に失敗に気づいたら
痛いですからね・・




img009.jpg
ピンには、つるつるした面とギザギザした面があります。
つるつるした面を先にして打ち込むようにします。
もちろん、抜いた方向とは逆に打ち込みます。




img010.jpg
打ち込み完了しました~。
では、ビークルに戻してみます。




img012.jpg
こんな感じで~す。
遠目だと違いがわからないですね。




img011.jpg
右側はこんな感じ。
おお、ルーフのラインがきれいになった!
ちょっと感動・・




img014.jpg
左側です。
最初っからこうしといてよ・・。




img013.jpg
うしろから。
微々たる変化かもしれませんが、
モヤモヤした気分がすっきりしました。



てなわけで、オプティマスの屋根を直してみました。


なんでもタカトミさんは、この左右組み間違いを「仕様」にしてしまったそうで・・
設計自体はとてもいいと思うんですが、製造工程以降で損をしちゃってますねえ。
豪華塗装版とか、黒くしたネメシスプライムとか期待してたんですが
無理かなあ・・ほんと残念なオプティマスです。


nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:キャラクター
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。