So-net無料ブログ作成
検索選択

FOCブルーティカス [TFジェネ・ユナイテッド]

なんか部屋の中がごま油くさいッ!



というわけで、本日紹介するのは
「トランスフォーマー ジェネレーションズ」より
「ブルーティカス」(G2版)です。




【ビークルモード】



000.jpg
ゲーム版・Fall Of Cybertronに登場してくる
ブルーティカスのG2カラーリング版。
DXクラスの5体セットなんで豪華です。




001.jpg
こちらは地上部隊の3人、
ブロウル、オンスロート、スィンドルです。
いや、派手なカラーリングですね・・。
迷彩してると余計に目立つだろうに。




002.jpg
こちらは航空戦隊です。
ブラストオフとボルテックス。
ちなみに、国内版として
ゲーム中のカラーに合わせた豪華塗装版が発売予定ですよ。




003.jpg
今回はG2版ということで、
インシグニアもご覧のとおりです。
G2をほとんど知らない僕にとっては、
いつものほうが良かったような・・。




004.jpg
最近のTFはダウンサイズが進んでる感がありますが、
この人たちは大きいです!
同じDXクラスの、WFCメガ様と比べても
ほとんど遜色のない大きさ。
これはうれしい。




005.jpg
そして、各所のジョイント穴は
プライムとかと同じサイズ。
これも嬉しいポイントですね。



では、トランスフォーム




【ロボットモード】




006.jpg
まずは単体のロボットモードをちゃちゃっと。
ボルテックスとオンスロートとブラストオフです。




007.jpg
こちらは、スィンドルとブロウル。
みんな変形は簡単です。




009.jpg
ロボットモードもいいサイズ感です。
メガ様とほぼ同じくらい。
ただ、密度はちょっとスカスカですけどね・・。




008.jpg
可動もまあまあです。
腰が回転してくれるのがうれしい。



では、コンバイーン!




010.jpg
合体させるとこんなです。
かっこええ!
しかも、でけぇ!




011.jpg
うしろから見ると、ちょっとスカスカ。




012.jpg
顔です。
意外と男前?




013.jpg
左から。
ブロウルの変形がかっこ良くて好きです。




014.jpg
右側。
ブラストオフがデカすぎない?
でも、いいのです。




015.jpg
で、可動なんですが、
可動箇所は多いんですけど
股間が緩くて、すぐガバーってなっちゃうので
なかなかいいポーズつけられません。

股間が緩くて、すぐガバーってなっちゃう・・
いいですか?股間が緩くて(もういい




016.jpg
武器同士も合体させて
一つの大きな武器にできます。




017.jpg
持たせるとこんな感じ。
こうなると、もう重さで自立も難しいという・・。




018.jpg
オンスロートの武器は
背中にくっつけることもできます。
スカスカ感もこれで解消。




019.jpg
で、残った武器同士で合体させる・・
これでもデカイです。




020.jpg
メガ様と比べてみます。
やっぱりでけぇ!
だいたいリーダークラス並の大きさです。




021.jpg
そしてなんと、メンバーは両手両足どこにでも変形できます。
ちょっとオレ変形なんで、間違ってるかもですが・・。




022.jpg
全部のロボに手になるパーツがついてるんですよね。
説明書には書いてない、隠しギミックです。
しかも、足にした時、みんなちゃんと長さが合うという・・
タカトミおそるべし。




というわけで、ブルーティカスでした。



動かして楽しむと言うよりは、
変形・合体を楽しむといった感じです。
両手両足自由に入れ替えられるし、
武器のジョイント系はプライムと同じだし。



さあ、みんなも、自分だけのブルーティカスを作るんだ!


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:キャラクター

ガイアユニクロン [TFプライム&Go!]

なんか最近寒いと思ったら、もう11月なんですね・・。
夏恒例のホラーフィギュア特集忘れてしまいました・・。
まあいいや。


というわけで、本日は
「トランスフォーマープライム」より
「ガイアユニクロン」です。




R0015901.jpg
なんかヒザが曲がりません・・。
ほぼ直立状態のまま・・なんじゃこりゃ。




R0015906.jpg
よく見ると、ヒザのグレーのパーツがおかしいんですけど・・。
この形状じゃ、うしろに曲がるはずありません。




R0015911.jpg
パッケージ写真と比べてみると、
明らかに形状が違います。
ていうか、左右逆に組まれてました・・・。


なんだよこれ・・またかよ・・。
そしてパッケージには「MADE IN CHINA」の文字が。
これがチャイナリスクというやつかー(違う)


本来ならば、お客様センターにでも連絡して交換してもらうところですが、
内気な僕はお客様センターのお姉さまと会話ができません。
ということで、自分で直してしまいます。




R0015919.jpg
とりあえず両足をもぎり取りました。
ヒザのパーツをばらして左右を交換します。




R0015922.jpg
ヒザのグレーのパーツ。
上下二箇所でピン止めされてます。
これを抜いてしまえばいいわけです。




R0015925.jpg
ピン抜き工具はいつもの奴ら。
先の尖ったキリ状のドライバーと、
パーツ破損防止用の当て木と、
ゴムハンマーでございます。




R0015929.jpg
寒いので、ドライヤーで暖めつつ、
こちら側からピン抜き。
経の小さい方にキリ状のやつを当てて叩くわけですが、
ちょっと破損しそうで怖いですね・・。




R0015931.jpg
結局うまく抜けなかったんで、
当たる部分をナイフで削っちまったぜ!
まあいいやこれで。
そもそもあんまり気に入ってないし(おい)




R0015936.jpg
もとに戻してみる。




R0015942.jpg
これぐらい曲がるようになりました。



そしてこのあとガイアユニクロンは、
静かに箱のなかに戻っていくのでありました。



ちょこっと期待していたガイアユニクロンでしたが、
変形もいまいちだし、パーツも組み間違ってるしで
ちょっと残念でしたねえ・・。



あ、合体させてみるのわすれた。
まあいいや。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:キャラクター

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。